歯周病ぺリオネット>歯周病の予防方法

「正しい歯みがき」、「定期健診」、「食事からの処置」を行うことで歯周病予防が可能となります。


正しい歯みがき
正しい歯の磨き方には3つの原則があります。

・フッ素配合の歯磨き粉を使う。
・正しい角度で歯を磨く。
・一定のパターンで歯を磨く。

最低でも一日2回は歯ブラシで歯を磨いて下さい。歯ブラシに柔軟性があるほうが歯肉を傷つけなくて済み、歯肉ラインの下の歯垢を取り除きやすくし、歯周病など厄介な病気から守れるのです。

歯磨き粉はフッ素配合のものを使って下さい。フッ素は歯の表面のエナメル層を強化し、小さな虫歯の進行をくい止めることもできるのです。

歯肉に対して45度の角度で歯ブラシをあて、しっかりと又やさしく歯肉ラインに沿って磨いて下さい。

歯ブラシは2〜3歯ずつ小さく、又円を描くように磨いして下さい。 そして同じように隣の歯に移って下さい。次に、歯ブラシを立てその先を使い、前歯の裏側も磨くようにして下さい。

磨く順番には決まりはありませんが、奥歯や内側は磨き残しが多いので、上の歯の内側から磨き始めると良いでしょう。次に下の歯の内側や奥歯に移って下さい。次に上の歯の外側、 次に下の歯の外側に移って下さい。そして、歯の一番良く使う面、つまり物を噛む面を磨きます。最後に舌をやさしく掃除し、口蓋(口の中の天井)も優しくブラッシングして下さい。こうすることによって 口の中の細菌を減り、口臭もあまり気にならないようになります。

正しい歯磨き方法を歯科医院に指導してもらう
歯周病専門医、認定医での定期健診
インプラントを得意とする先生、矯正を得意とする先生がいるように、歯周病治療を得意とする先生がいます。
その目安となるのが、歯周病専門医、認定医とHPまたは、歯科医院で標榜されているかです。
上記先生に定期健診を受けることで、歯の寿命は間違いなく延びます。
食事からの処置

プラークとは、食後、歯の表面に形成される粘着性のあるバクテリアの薄皮で、口の中にさまざまな問題を引き起こします。虫歯、歯周病、口臭など、あなたの歯にとって良いものは一つもありません。
プラークを歯の表面からなくそうとする時は、食べ物のことに加えて、気をつけないといけないことが多くあります。

何回食事をするか
炭水化物が含まれた食べ物を食べると、必ず歯を溶かす酸が発生します。炭水化物が多く消費されると、それだけ歯を傷つける、多くの酸が発生することになります。
つまり、 「だらだら飲食しない」「間食を控える」ことが重要です。

食べ物の特徴
クラッカーやポテトチップスのような食べ物は、歯の隙間に突き刺さりやすいです。レーズン、フルーツロール、フルーツスナックそしてグミキャンディーもまた同じです。

口の中に長い間残った食べ物
クッキーやグラノーラのような棒状の食べ物はゆっくりと溶けていき、長い時間酸を発生し続けます。

食べ方によっても違います
食事と同時に、炭水化物を食べると少量の酸しか発生しません。なぜなら、食事中は唾液の量が増えるからです。唾液は食べ物のかけらを取り除くだけではなく、酸性と歯を守るミネラル分とを中和させる働きがあります。飲み物もまた食べ物のかけらを取り除くのに役に立ちます。

物を食べた後、できる限り食べかすをきれいに取り除くことが一番大切です。フロッシングやブラッシングできれいにすることが理想的ですが、次のような一時的な歯の清掃もありますので、試してみて下さい。

・ シュガーレスガムを噛む。これは唾液の量を増やし、歯ら食べかすを取り除きます。
・ フッ素溶液で約1分間口をゆすぐ(液を飲み込まないように注意する)
・ 水で口の中をゆすぐ
・ ニンジンスティックやセロリのような繊維質の野菜を食べる。