歯周病ぺリオネット>歯周病とは?

歯周病が原因で口腔内に問題が多発します。
歯周病についての認識を高めましょうっ!!


歯周病は歯の周りの歯肉、歯槽骨などの組織の病気です。ほとんどの歯周病患者は自覚症状がありません。というのも歯周病の初期段階は痛みがほとんどないからです。

歯周病の主な原因はプラークです。 プラークは粘着性があり、バクテリアの塊で歯に絶えず付着しているものです。毎日プラークをきちんと取り除かないと歯石がたまってしまいます。歯石にまでなってしまうと、歯磨きやフロッシングをしてもとれません。歯科医院へ行って、専門器具を用いて取り除いてもらうしか除去する方法はないのです。

歯石は、このX線写真からもわかるように歯の側面に付着した白い小さな塊です。このバクテリアの塊が歯周病を悪化させ、歯槽骨を破壊していくのです。

歯周病で手遅れにならないように歯科医院へ行こう
口臭が気になる

【歯肉炎】
 「歯ぐきがむずがゆい」「物を噛んだり、歯みがきすると血が出る」などの症状。
歯ぐきが赤くなったり、はれぼったくなります。

治療法
歯肉炎が進行すると、歯周炎になります。歯科医を訪れ、適切な口腔衛生指導を受け、生活習慣の改善に努めることが大切です。

【歯髄炎](むし歯)】
冷たいものを食べた時キーんとなったり、熱いものを食べたら急にズキン・ズキンと痛くなったりといろいろですが、このズキン・ズキンと脈を打つように痛くなったら、まずは歯髄炎の可能性があります。

治療法
基本的に歯髄を除去しないで薬物療法によって炎症を鎮静させる方法と、浸潤麻酔下で歯髄を除去する方法のどちらかです。

【義歯ブリッジの歯垢】
入れ歯の清掃が不十分であったり、ブリッジのすき間に食べかすなどがたまり、口臭の原因となることがあります。

治療法
ブラッシングなどお口の中の清掃を徹底的に行うことで口臭は減少されます。

歯科医院で口臭チェックしてもらう
歯がぐらぐらする

【歯周炎】
「歯がぐらぐらする」「 食べ物が噛みにくい」「物を噛むと痛い」「噛み合わせると痛み」が出ます。
また、歯周ポケットから膿(うみ)が出ることや、歯の表面に蓄積したデンタルプラーク(歯垢)により、口臭が発生することがあります。

治療法
継続的な専門治療が必要です。
歯石除去や歯根面のクリーニングで、歯周ポケットにたまった歯石や、歯根面の病変をきれいに取り除きます。ただ症状がひどい場合は、手術を行う必要があります。

【外傷性咬合(がいしょうせいこうごう)】
特定の歯に歯ぎしりや噛み合わせ等による負担がかかることで、歯がぐらぐらします。
症状は、歯がぐらぐら、物を噛むと痛みが発生、歯が浮く感じがします。

治療法
噛み合わせを精密検査し、噛み合わせを調整します。また、マウスピース装着で歯ぎしりの予防を行う場合があります。

歯ぎしりの予防を歯科医院に相談しましょう

歯茎から出血
【歯磨きやフロスをする時 】

歯磨きまたはフロスをするときに歯肉から出血することは、正常なことではありません。(もし最近歯磨きやフロスを始めたのでなければ別です)もし出血が続くようであれば、歯肉炎(初期の歯肉の病気でまだ骨の吸収はありません)または歯周病(骨の吸収がより進む)の可能性があります。

治療法
先ず、歯科医または歯科衛生士に相談しましょう。歯の掃除、ルートプレーニングと、正しいホームケアー技術の組み合わせが必要になるでしょう。バクテリアの塊であるプラークと、そのプラークが蓄積して形成された歯石を除去してもらい、正しいホームケアーを行うことにより、歯肉からの出血は消退するでしょう。

【食事中の出血 】

あなたがものを食べているとき歯肉から出血することは異常です。出血は、歯肉炎(初期の歯肉の病気)や、歯周病(より進行した歯肉の病気で、放っておくと歯槽骨を失ってしまう病気)の兆候と言えます。

治療法
すぐに歯科医や衛生士に見せてください。歯の清掃とルートプレーニングまたは新しいホームケアーの技術が必要でしょう。最初に全ての歯石(カルシウム、塩分、バクテリアからできている硬い沈着物)を歯根から取り除きます。それからあなたの、毎日のブラッシングやフロッシングにより、歯の歯垢(食べ物のかすや、バクテリアからできているやわらかい沈着物)を取り除いた清潔な状態に保ちます。そのようにして出血は治まります。

【一本の歯の一ヶ所からの出血】

感染により歯根の先に膿がたまることがあり、歯槽骨に穴を開けてしまうまでにいたることがあります。また、歯肉の表面下に膿が溜まり、歯周膿瘍を引き起こし、出血をもたらす場合もあります。

治療法
まず歯科医院に行き、あなたの歯の検査をします。そして感染した歯は、歯内療法などによって治療を行い、また、インレーやクラウンなどによって歯を修復します。治療を伸ばすと、歯の痛みは激しくなり、最後には生命を脅かす危険な病気をもたらします。

歯周病で手遅れにならないように歯科医院へ行こう
歯茎が痛い
【継続的な痛み】

歯が痛む理由は大きく2つあります。歯の中の神経あるいは歯根の周りを覆っている歯根膜が痛みの元となっています。もしそのどちらかが損傷、又は感染していると継続的に痛みが生じます。歯面の損傷は虫歯、歯の打撲、歯軋りなどの理由が考えられます。

治療法
もし歯の中の神経が感染している場合、根管治療又は抗生物質の投与が行われます。

【噛んだ時の痛み】

ひびの入った歯や詰め物が古くなり噛み合わせが悪くなったとき、あるいは歯根膜に炎症がある場合、感染や損傷が及んだ場合、噛んだ時に痛みをもたらします。また、これらの状況は、噛んだときの痛みのもっとも一般的な原因なのです。

治療法
歯科医によって、明確な診断がされた後、新しい詰め物や、クラウンを施したり、歯内療法(歯根内の清掃)や歯周病治療を施すことにより、問題は解決します。

【歯みがき後の痛み】

麻酔を行った治療後は歯磨きをすると痛みが生じる時があります。激しい痛みの場合は異常です。

治療法
歯科医師に直ちに連絡を取ってください。

【親知らず(智歯)の痛み】

親知らず(智歯)が生えてくるのは、一般的に10代後半から20代前半だといわれています。食べカスが親知らずの周りに溜まり、歯周病の原因になります。これは最もよく起こる症状の一つです。

治療法
以上のような場合、歯科医院にすぐ行って下さい。解決策は抜歯ですが、親知らずの周りをよくすすいだり、抗生物質を使用することで一時的に痛みを抑えることができます。

歯を残したいっ!
何歳までも歯を残したいっ!!方は
・普段からの正しいブラッシング
・規則正しい日常生活
・虫歯の早期発見、早期治療
・定期的な歯科検診
が重要となります。
また、歯科治療中の中断をされると抜歯の可能性が高くなるので、歯科治療は最後まで受けましょう。
定期的なメンテナンスが歯を残す最善策です