歯周病ぺリオネット>歯周病治療の流れ

歯周病治療の基本的な流れです。流れを頭にいれ、歯科医師と費用、期間の相談をしましょう。


 
1.歯科人間ドッグ
・虫歯のチェック
・詰め物、かぶせ物の適合チェック
・歯周ポケットの深さ、出血の測定
・レントゲン診断
・問診(局所的、全体的な病気)
・かみ合わせのチェック 等

2.ブラッシング指導
歯みがき指導を十分に行います。

3.スケーリング
歯石除去を行います。歯石の付着度合いにより、治療回数決定

4.ルートプレーニング
歯根の表面からプラークや歯石がつくりだすバクテリアの毒素を取り除くことで、歯周病感染の原因を除去します。
エックス線で歯石は歯の両側につく小さな白いかたまりのように見えます。
日常のクリーニングでは、歯肉ラインの上のプラークや歯垢しか取り除けません。
よって歯科医院にてルートプレーニングを行うことによって、歯肉ラインより下のプラークや歯石を取り除きます。
【その他】
歯の小矯正、 かみ合わせの調整

5.再評価
歯周治療終了後、一定の期間をあけて炎症のチェックを行います。

6.再評価後
炎症が落ち着いていれば、メインテナンスヘ。
炎症がまだ残っていて症状の改善が認められない部位は、歯周外科手術、歯周組織再生療法を行います。

7.メインテナンス
歯周病治療が終了しても、その後のメインテナンスが悪ければ、歯周病が再発する可能性は高いです。
口腔内の健康を長期にわたり維持するために、定期健診、メンテナンスが必要です。
1. 歯牙・歯周組織の検査
2. 歯磨き指導(再確認)
3. P.M.T.C.(ブラッシングでは落とせない歯石や汚れを歯科衛生士が落とします。)