歯周病ぺリオネット>保険診療と自費診療の違い

診療方法には、保険診療と自費診療の2通り。
どちらを選ぶかは、歯科医師と相談し納得した上で行いましょうっ!


歯科医院での診療方法には2通りあります。
国の保険を使用する保険診療と国の保険を使用しないで、自費だけで診療する自費診療です。 保険診療と自費診療の違いを下記表にまとめていますので、診療をされる場合に参考にして下さい。
  保険診療 自費診療
メリット ○治療費用が安い。 ○保険で使用できない技工材料を使用、歯科治療を行うことで、見た目の美しさを意識した治療、患者様に合った治療が可能。
○インプラントや矯正治療が可能。
デメリット ○患者様の希望にあわせた治療が出来ない。つまり、保険診療で定められているガイドラインに沿った基本的な治療しか行えないので、見た目の美しさ、生活の質を向上させるような治療が出来ない。
○インプラントや矯正治療ができない。
○治療費用が保険診療に比べて高い。
また、料金体系が見えにくいので、自費治療をしたくても出来ない。
差し歯 ○プラスチックを使用するので、年々表面が削れていき、艶がなくなり色がくすんでしまいます。
奥歯に関しては、銀色の歯になります。
○表面が削れることはありません、また、艶を失うこともありません。
奥歯も当然白い歯となります。

上記表をパっと見ただけでも、保険診療と自費診療に大きな違いがありますよね。

保険診療は最低限の治療
自費診療は快適な生活(クオリティ・オブ・ライフ)を送るための治療

と考えいただいた方がわかりやすいです。
ただ、自費診療は保険診療に比べ費用が高いですので、自費診療を決める際は、歯科医師としっかり相談して下さい。
値段が高いと思うのであれば、歯科医師から十分な説明を受けるべきです。その説明を受けた上で、高いと感じるのであれば、治療は受けないほうがよいです。
ただ、値段だけで、歯科医院を決めることだけはオススメしません

また、インプラントをするためには、多くの費用が発生します。
日頃から歯科医院に定期健診にいかなければ、いずれインプラントのお世話になる確率が上がります。
インプラントをしなくとも一生自分の歯でい続けるために、歯科医院への定期健診をオススメいたします。

定期健診で、一生自分の歯で過ごしましょう