歯周病ぺリオネット>歯周病と呼吸器の感染
歯周病と呼吸器の感染

あなたが肺炎や気管支炎を繰り返すようでしたら、歯肉に原因があるかもしれません。科学者は歯周病と呼吸器の感染の関係を発見しました。実際にもしあなたが歯周病を患っているならば、歯肉に感染を起こしている細菌を毎日、空気とともに肺に吹き込んでいるかもしれません。

歯周病―感染の戸口
プラークは食べ物と細菌の粘り気のある膜で、絶え間なく作られています。それを毎日取り除いていなかったら、プラークは固くなり歯石を形成します。初期の症状では、歯肉が赤くなって腫れます。これは歯肉炎です。プラークや歯石がきちんと除去されなかった結果、歯周ポケットを形成します。歯周ポケットが形成されると、さらに多くの細菌が歯周ポケットに住み始めます。歯科医院で歯石除去をしなかったら、体の防衛反応によって歯槽骨の吸収を引き起こす酵素群が生産されます。これが歯周病です。歯周病を放置しておくと、細菌の感染は口腔内に広がり、 骨の吸収がより進んでしまいます。.あなたが呼吸をする時、歯肉の中の細菌は肺に移り、そこで増殖していきます。肺に入ったバクテリアにより肺炎、気管支炎、肺気腫、および慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器感染症を引き起こすことも考えられます。

歯周疾患の予防と治療はあなたの呼吸器感染症の危険を下げる
毎日2回の歯磨きと少なくとも1回のフロッシング、そして歯のクリーニングを含む年2回の来院による口腔衛生を心がけることにより、歯周病による呼吸器の感染の危険性を最小限にすることができます。歯周病が心臓疾患、糖尿病、その他の疾病と関連するとき、喫煙を避け、バランスの取れた食事を摂り、健康な生活の維持をお勧めします。
すみやかな歯周病の治療は細菌の源を除去して、歯肉の回復、骨吸収を食い止めます。付加的なボーナスとしてあなたの健康が増進し、呼吸器感染症の危険性を低くするでしょう。