歯周病ぺリオネット>垂直性骨欠損
垂直性の骨欠損とは、
特定の歯の周囲の骨だけがボコっと垂直にへこんでいる状態です。
歯周病の場合には前歯も奥歯も複数の歯にわたって感染しますので、全体的に骨を吸収しています(水平吸収とかいいます)。それに対して特定の歯を支える骨だけを吸収している状態で、歯周病が原因でそうなる場合もあれば、奥歯の場合、根の分岐部からの感染による根分岐部病変がもとで吸収が始まることもあります。
また、歯周病以外ですと 咬合が問題でおきることもあります。
一定の歯にばかり過剰な力が加わった場合に歯の周囲の骨を吸収してしまいます。わかりやすく言うと地面に杭が出ていて、その杭を横からグイグイ押したり引いたりしたらどうなりますでしょう?土が崩れてぐらぐらしてきますよね?それと同じように過剰な咬合圧が加わりすぎるとそういった症状が起きることがあります。
垂直性骨欠損を歯科医院に相談する

治療法
歯周病が原因の場合は当然歯周病の治療が必要です。歯周病は歯の周囲が不潔になり歯石が沈着するなどして、細菌繁殖の場が出来てしまうとそこで細菌が繁殖し、毒素を出すために炎症が起きます。その炎症の結果骨が溶けていくのですから、歯石を除去してやる必要があります。
時には歯周外科処置にて歯茎をめくって歯石を徹底して除去する必要があります。

また、噛み合わせが原因の場合には噛み合わせを調整することで治ったりします。
垂直性骨欠損を歯科医院に相談する