歯周病ぺリオネット>なぜデンタルフロスは重要なのか

なぜデンタルフロスは重要なのか


一日に一回、歯間部のフロッシングはとても重要です。たいていのう蝕や歯周病は、歯ブラシの届かない歯の歯間部から始まります。フロッシングは歯間部や歯と歯肉の間のプラークを取り除きます。プラークは、う蝕と歯周病の一番の原因で、粘着性のある無色透明なバクテリアの塊の膜です。もし、毎日のフロスや歯ブラシによるプラーク除去を怠ったら、プラークは硬くなり歯石となります。歯石は、う蝕や歯周病に対して更に大きな問題を起こす原因となります。正しいフロッシングの方法を説明します。

どのフロスを選べばいいのか
 
30cm位にフロスを切って、両端を両手の中指に巻きつけ、中央に15cm位残し、親指と人差し指ではさみます。
使用方法は、上の前歯は、内側の手の人差し指にフロスをのせ、外側は親指を外側に向けてあてます。
ゆっくりと歯間に入れて、親指を上に向けて強く押すように、歯の側面を こすりながら前後に動かします。
上の奥歯は、両側とも手のひらを上に向け、人差し指の先にフロスをあてます。
ゆっくりと歯間に入れて押しあて、人差し指を上に押し付けるように歯の側面をこすりながら左右に動かします。
下の歯は、てのひらを下に向け、人差し指の先にフロスをあて、ゆっくりと歯間に入れて人差し指を下に押し付けるように、歯の側面をこすりながら、前歯は前後、奥歯は左右にうごかします。
もし途中でフロスが引っかかるようであれば、専門家にご相談ください。治療の必要性があります。
全ての歯の各側面をこの行程を繰り返して清掃します。

初めてフロスを使用した時に、歯肉から出血するということはよくあることですが、毎日の正しいフロッシングで、約一週間後には止まるはずです。もし止まらないときは歯科医院にご相談ください。

どのフロスを選べばいいのか
今や様々なタイプのフロスが販売されています。フロスにワックスがついているもの、ついていないもの、香りのあるもの、などなど。しかし、どれも歯間部のプラークを取り除く能力は同じです。あなたの口の状態に一番ふさわしいフロスを知っていただき、フロスの必要性をご理解いただけたら幸いです。