歯周病ぺリオネット>正しい歯のブラッシング方法を身につけよう!

正しい歯のブラッシング方法を身につけることで、お口の中が劇的に変化します。


毎日歯を磨いているから大丈夫だと思っていませんか?虫歯が出来ないから大丈夫たと思っていませんか?
ブラッシングは筋肉トレーニングと同じように、正しい方法で行わないと、決して清潔な口腔内を保つことは出来ません。
必ず歯周病を専門としている歯医者さんにて、正しいブラッシング方法を身につけて下さい。 お口の中が劇的に変化しますよ。
歯医者にブラッシング方法を教えてもらう

◆基本的な歯の磨き方
(あくまでも参考ですので、自分にあったブラッシング方法は教えてもらってください。)

・正しい角度で歯を磨く。
・一定のパターンで歯を磨く。

最低でも一日2回は歯ブラシで歯を磨いて下さい。歯ブラシに柔軟性があるほうが歯肉を傷つけなくて済み、歯肉ラインの下の歯垢を取り除きやすくし、歯周病など厄介な病気から守れるのです。

歯肉に対して45度の角度で歯ブラシをあて、しっかりと又やさしく歯肉ラインに沿って磨いて下さい。

歯ブラシは2〜3歯ずつ小さく、又円を描くように磨いして下さい。 そして同じように隣の歯に移って下さい。次に、歯ブラシを立てその先を使い、前歯の裏側も磨くようにして下さい。

磨く順番には決まりはありませんが、奥歯や内側は磨き残しが多いので、上の歯の内側から磨き始めると良いでしょう。次に下の歯の内側や奥歯に移って下さい。次に上の歯の外側、 次に下の歯の外側に移って下さい。そして、歯の一番良く使う面、つまり物を噛む面を磨きます。最後に舌をやさしく掃除し、口蓋(口の中の天井)も優しくブラッシングして下さい。こうすることによって 口の中の細菌を減り、口臭もあまり気にならないようになります。


◆ブラッシング基本例
 
まず上の歯の内側から始め、右側から左側へと磨いていきます。
次に下の歯の内側に移り、左側から右側へと磨いていきます。
右側の歯の外側を磨き、それから左側に移ります。
上の前歯を磨き、それから下の前歯に移ります。
上の奥歯の噛む面を磨き、次に下の奥歯に移ります。
あなたの前歯の裏面を磨くため歯ブラシの先端を使います。
最後に舌と上の歯の裏側の粘膜をやさしくブラッシングします。
歯医者にブラッシング方法を教えてもらう