歯周病ぺリオネット>歯周病の診断

歯周病やう蝕の診断を歯科医はどのようにするのか


歯周病の診断
たとえあなたが歯周病にかかっていたとしても、おそらくそれには気付かないでしょう。なぜなら、歯周病は、初期段階では特に自覚症状がありません。歯科医院で、ポケットプローブという器具を使い、歯と歯肉の間の溝の深さをはかったり、レントゲンで歯槽骨の状態を確認したり、歯の動揺度を見たり、歯石の有無を見る検査をして、歯周病の罹患度や進行度を判断します。
歯周病は、プラークの中のバクテリアによって引き起こされる歯周組織の病気です。初期段階は歯肉の炎症から始まります。歯肉が健康なときは、歯にしっかりと密着していますが、歯周病にかかってしまうと、歯と歯肉の間の溝の深さが3ミリ以上になると、歯周ポケットが形成され、歯肉は歯から離れてしまいます。一般に、ポケットが深まるほど歯周病はより広がるといわれています。検査の時にポケットプローブで、ポケットの深さを測るのは、これらのことを確認するためです。
歯周病を測定するときの出血にも注意深く注目します。検査中の出血(歯磨きやフロスをしているときはもちろん)は、歯周病の大きなサインの一つです。健康な歯肉は出血しません。また、歯肉の色や手触りにも注目します。健康な歯肉はピンク色で、オレンジの皮のようなつぶつぶが見られます。初期の歯周病は、このつぶつぶが歯肉からなくなり、赤く腫れてきます。
最後に、歯槽骨が吸収されているかどうか、また、歯周病のほかの要因があるかどうかを確かめるために、口腔内のレントゲンを撮ります。もし、健康なら、骨はかなり上の方に位置していますが、歯周病の場合は骨の位置が低くなり、骨量も明らかに違うことがわかるはずです。長い間治療を放っておくと、骨の吸収はますますひどくなります。骨は一度吸収されると、二度と元には戻りません。このようなことから、顎骨の吸収と歯の喪失を防ぐために、歯科医院で診察を受け、早期発見、早期治療をすることが大切です。

う蝕の診断
う蝕の診断をする時は、歯科用探針を用いて全ての歯の表面組織を徹底的に、う蝕の有無を調べます。もちろんレントゲンで、探針では見つけることのできない歯と歯の間のう蝕の有無を確認します。う蝕はレントゲン上では、小さな黒い点のように写ります。う蝕がまだ小さく、エナメル質の層の外側にある間に、発見し治療することは最良です。象牙質の層に達してしまうと、進行のスピードは速くなり、歯の神経にまで達すると、治療も困難となり、長期戦になります。ですから、歯周病と同じくう蝕も、早期発見、早期治療が一番ということを覚えておいてください。