歯周病ぺリオネット>歯周病と呼吸器の感染

妊娠している時には、あなたの歯と歯肉をやさしく愛を持ってケアーしましょう


妊娠している間は、ホルモンの増加により、歯肉の炎症が起こりやすくなります。もしプラークが毎日取り除かれなければ、歯肉の腫脹や出血を増大させます。これは妊娠性歯肉炎と呼ばれており、妊娠時にしばしば炎症や増殖炎などが、歯肉に限局して現れる症状のことです。これら歯肉の変化の大多数は、出産後に自然に軽減するのが特徴です。原因としては、妊娠時には、口腔内清掃状態が悪くなりがちです。それは一時的要因で、エストロゲンの増加など、内分泌関係が助長するからとも言われています。もしあなたが、毎日の口腔衛生ケアーを入念にしなかったら、妊娠中は特に歯周病を招きやすいのです。
プラークは細菌の塊で、粘着性のある膜で、絶え間なく形成されており、毎日歯磨きとフロスをして取り除かなければ、硬化して歯石となってしまいます。歯石はとても固く、歯に強固に沈着しているので、歯ブラシでは取り除くことができません。また歯石は、歯にとって非常に有害な物質なのです。
妊娠性歯肉炎の治療としては、口腔衛生状態を良くし、プラークや歯石など歯肉に刺激を与えるものを取り除きます。場合によっては、歯肉切除手術を行うこともあります。
妊娠中に、日常の歯磨きやフロッシングをより丁寧にすることは、とても重要なことです。妊娠中に口腔内を清潔に保たなければ、歯肉の炎症の増加につながります。もし妊娠前に歯肉の病気を持っていたなら、妊娠中の口腔衛生に注意を払うことは極めて重大です。そうしなければ、あなたの歯肉は極めて悪化してしまいます。
また、妊娠期間中には、内分泌の複雑な変調によって、特異的に歯肉の一部が増殖して、腫瘤を形成する、妊娠腫と呼ばれるものに発展する場合もあります。妊娠期間中は再発性ですが、一般に出産後消退します。これは、真の腫瘍ではなく、歯肉の炎症から癌性のない腫瘍に成長します。それらが大きくなったり、不快であったりする場合は取り除かれることもあります。

妊娠中のプラークコントロール
食後のフロッシングと小さくて柔らかい毛の歯ブラシによるブラッシングを、フッ素配合の歯磨き粉を使用して行うことにより、歯肉炎を防ぐことができます。もし歯磨き時に吐き気を催す場合は、真水で歯を磨いてよくすすぐか、フッ素配合のマウスリンスですすいでください。また、アメリカ歯科医師会は、口腔の健康を保つためにビタミンB12とビタミンCの摂取を勧めています。そして、妊娠中は定期的に歯科医へ検診に行くことが大切です。とにかく、毎日の口腔衛生が最も重要なのです。私達は、あなたが妊娠している間、快適に生活できるよう、共にお口の中を管理します。
ブラッシング方法を歯医者に指導してもらおう