歯周病ぺリオネット>あなたにとって最適な歯科医院を選ぶコツとは?

歯周病と未熟児


ノースキャロライナ大学で124人の妊娠している女性を対象に調査を行い、1996年に発表された歯周病学の雑誌によると、7人の深刻な歯周病を患った母親が、早産をしたり未熟児を産んだりしたとの報告がありました。科学者は、この関連性は、歯周病に感染した歯肉の、体への反応が原因であると言っています。歯周病に罹患すると、細菌の毒素が、歯を取り囲んだ骨やじん帯、歯肉を攻撃します。口腔内の大きな傷は、血管を通ってあなたの体にバクテリアが入る戸口となります。
感染に対する体の反応の1つとしては、感染で組織が腫れる原因になるプロスタグランジンの増加です。妊娠中はプロスタグランジンが増え、最終的には陣痛を起こさせます。歯肉の感染により、プロスタグランジンが増加すると、陣痛が始まり、予定日前に赤ちゃんを産む信号となっているかもしれません。研究者は必ずしも歯周病が早産や未熟児の原因であるとは言えないが、未熟児全体の18%が歯周病の影響によるものと考えられると言っています。早産児や未熟児は健康的ではありません。乳児の死亡率の60%が早産児や未熟児の合併症によると言われています。
もし今妊娠している、またはこれから子供を産むことをお考えなら、今まで以上に注意深い口腔衛生を心がけましょう。
歯周病かな?早めに歯医者に行きましょう